ロードバイク

はじめてロードバイクに乗った感想は・・

2018年7月のこと、初日は早朝の公園でこっそり練習ということで、朝5時頃から近所(距離3km)の公園まで車にロードバイクを積んで行きました。笑

まず公園の駐車場で恐る恐るビンディングペダルの付け外しの練習です。

正直、ビンディングペダルに意識がいきすぎて、「落車だけは...」そんなことしか考えられな状態です。感動する余裕なんてなかったですよ。笑

あとはギアチェンジの猛練習でその日は力尽きました。。。

はじめて乗ってみた感想

とにかく軽い

ママチャリ経験しかない僕のとっては異次元の軽さに衝撃を受けました!人力最速の乗り物だと言われる理由がよくわかります。

ペダルを漕いだときのダイレクト感もすごいです。

軽いからといって不安定感はなく、走り出せば安定します!

思っていたより硬い

これはフレームの材質にもよるのかもですが、走り出してギャップを超えたときに、「ん?硬い??」そんな印象でした。

当然、はじめてのロードバイクなので比較ができませんが、思ってた以上に路面の状況が体に伝わってくる感じです。

サドルが位置が高い

ロードバイクのサドルの高さは「股下の長さ✕0.88=サドルの高さ」に調整します。地面に足がつかない状態になるので着座位置も高いです。そうなると前傾姿勢も深くなるので、最初は怖さを感じるかもしれない。

僕の場合・・・

77.7mm(股下)✕0.88=68.37mm(サドル高さ)

になります。

なので、基本を680mmとして、690mm〜700mmまでの間が調整幅になるそうです。元オリンピックプレイヤーの方にフィッティングのアドバイスをいただきました。

あとは実際に走りながら微調整が必要になってくると思います。

試乗してから買うことをお勧めします

僕の場合は、経験者にアドバイスをもらいながらだったので、試乗もせずにネットで買って本格的にはじめました。

なので浅い感想になってしまうのですが、とにかく乗って慣れるのみです!

そりゃはじめは公園まで車で運びたくなりますよね。笑

試乗して買ったほうがいい理由としては、ロードバイクにはサイズがある!

ショップで自分に合ったサイズを相談しながら決めていけば間違いないですからね。基本的には身長をベースに決めていきます。ロードバイクはノリで買ってはダメなものです。

-ロードバイク

© 2021 134cycle